【IPO新規】【上場中止】アイキューブド システムズ(4495)の初値予想とBBスタ ンスについて

2020/03/04

IPO新規

t f B! P L

【更新日:2020/03/19】上場中止。

 

アイキューブド システムズ(4495)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて説明します。

事業内容

アイキューブド システムズ(4495)は、iPad等のタブレットや、iPhone、Android等のスマートフォンなどのモバイル端末、パソコンなどを導入している法人向けに、これらモバイル端末等を管理するマネジメントサービス(管理、運用サービス)を、クラウドを介し、SaaS(Software as a Serviceの略称。ユーザー側のコンピューターにソフトウェアをインストールするのではなく、ネットワーク経由でソフトウェアを利用する形態のサービス)として提供を行っています。

主なサービスは下記になります。

  • 【CLOMOサービス】、iOS向けMDMサービスとして開始された後、現在では「EMM」として、高度な「管理」機能を幅広くモバイル端末等に提供
  • 【SECURED APPsサービス】セキュリティとアプリケーションの使い勝手を両立させることで、モバイル端末の「活用」を支援する企業向けのモバイルアプリケーション

[事業系統図]

事業系統図

 

初値予想

アイキューブド システムズ(4495)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、クラウドを介した法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供と言うことで、人気あり
  • 事業的には、利益が少なめだが、問題なし
  • 公開株数は普通

以上のことから、公募割れの可能性はないと判断します。。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名アイキューブドシステムズ
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:モバイルデバイス管理サービス)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):△(4.1%)
 自己資本比率(40%以上):△(35.7%)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4495
公募株数100,000株
売出株数680,800株
OA株数117,100株
当選本数(売買単位:100株)8,979本
仮条件決定日3/17
BB期間3/19~3/26
公開価格決定日(当選日)3/27
申込期間3/30~4/2
上場日4/7
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
西日本シティTT証券
岡三証券
岩井コスモ証券
追)岡三オンライン証券

事業規模

想定価格2,990円
上場時発行済み株式総数5,111,350株
想定時価総額152.8億円
吸収金額26.8億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績


では、また!

サイト内の検索

ラベル

ブログ アーカイブ

スポンサードリンク

PROFILE

PROFILE

のんびりとした資産運用が長い「令和のIPOおじさん」です。
「老後資金2000万円問題」を切っ掛けにIPOに本格参戦!!

下記テーマを中心に発信していきたいと思います。
・新規上場会社のリスク分析(初値予測やBBなど)
・資産運用に関わる情報(節税、確定申告など)
・サイト構築に関わる情報(技術情報、ノウハウなど)

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

QooQ