【IPO新規】グローバルセキュリティエキスパート(4417)の初値予想とBBスタンスについて

2021/11/28

IPO新規

t f B! P L

グローバルセキュリティエキスパート(4417)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想とBBスタンスについて紹介します。

事業内容(概要)

グローバルセキュリティエキスパート(4417)は、企業における情報通信ネットワークの安全を確保し、コンピュータへの不正侵入、データの改ざんや破壊、情報漏洩、コンピュータウイルスの感染等から企業を守ること、また、そのために必要な人材の育成を目的とした、サイバーセキュリティに特化した専門企業です。主な顧客は、中堅企業を中心とした民間企業や官公庁等です。これまで培ってきたサイバーセキュリティの知見を社会に還元することで、日本全国の中堅・中小企業におけるサイバーセキュリティの自衛力向上を目指し、「サイバーセキュリティ教育カンパニー」をコンセプトに掲げ、「教育」を軸としたサイバーセキュリティに関する多面的なサービスを提供しております。

[事業系統図]

初値予想

グローバルセキュリティエキスパート(4417)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サービスの提供」で、普通
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、普通

第39期第2四半期累計期間、売上の伸びは見えないが、利益を確保していること(当社オリジナルの教育講座「SecuriST 認定脆弱性診断士」は大きな反響を得ており、IT企業からの申し込みを中心に受講者数は好調に推移)とIPO人気を考慮すれば、公募割れの可能性が少ないと判断します。


BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み


独自評価

新規上場会社名グローバルセキュリティエキスパート
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:セキュリティコンサルティング、
脆弱性診断、サイバーセキュリティソリュー
ションをはじめ、セキュリティの全体像を網
羅した教育サービスの提供)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数○:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、
サイバーセキュリティソリューションをはじめ
、セキュリティの全体像を網羅した教育サー
ビスの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4417
公募株数150,000株
売出株数450,000株
OA株数90,000株
当選本数(売買単位:100株)6,900本
仮条件決定日12/2
BB期間12/3~12/9
公開価格決定日(当選日)12/10
申込期間12/13~12/16
上場日12/20
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
松井証券
岩井コスモ証券
東洋証券

事業規模

想定価格4,417円
上場時発行済み株式総数3,327,000株
想定時価総額147.0億円
吸収金額30.5億円
案件規模小型案件

企業業績



では、また!!

サイト内の検索

ラベル

ブログ アーカイブ

スポンサードリンク

PROFILE

PROFILE

のんびりとした資産運用が長い「令和のIPOおじさん」です。
「老後資金2000万円問題」を切っ掛けにIPOに本格参戦!!

下記テーマを中心に発信していきたいと思います。
・新規上場会社のリスク分析(初値予測やBBなど)
・資産運用に関わる情報(節税、確定申告など)
・サイト構築に関わる情報(技術情報、ノウハウなど)

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

QooQ