【IPO新規】スパイダープラス(4192)の初値予想とBBスタンスについて

2021/03/09

IPO新規

t f B! P L

スパイダープラス(4192)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想とBBスタンスについて紹介します。

事業内容(概要)

スパイダープラス(4192)は、熱絶縁工事を提供するエンジニアリング事業にて創業し、自社の生産性改善に真摯に向き合った結果、ITを活用する必要性を感じ、自社のみならず建設業全体の生産性改善に貢献すべくICT事業を開始いたしました。その結果、当社はICT事業及びエンジニアリング事業の2つのセグメントを下記のとおり構成するに至っております。

  • 【ICT事業】建設業の現場業務をDX(デジタルトランスフォーメーション)によって生産性向上に寄与するSaaSを開発・販売
  • 【エンジニアリング事業】当社創業期より熱絶縁工事を中心に運営(熱絶縁工事とは、熱を使うビルや工場などでエネルギー効率を高める(省エネルギー)ために装置や配管に断熱材を取付ける工事)

[事業系統図]

初値予想

スパイダープラス(4192))の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「建設業を主な対象とした建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・販売」で普通
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、微妙(多い)

第22期第3四半期累計期間、働き方改革の影響等により建築図面・現場管理アプリである「SPIDERPLUS」の利用者数は順調に増加、「アーマフレックス」等を使用した熱絶縁工事の受注が好調で、売上、利益ともに伸びていることと、公開株数が多いこと(当選しやすいですが)が気になりますがIPO人気を考慮すれば、公募割れの可能性が少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み


独自評価

新規上場会社名スパイダープラス
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:建設業を主な対象とした建築図
面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・
販売)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):△
当選枚数△:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容建設業を主な対象とした建築図面・現場管理ア
プリ「SPIDERPLUS」の開発・販売
業種別分類・コード情報・通信業・4192
公募株数3,220,000株
売出株数4,425,200株
OA株数1,146,700株
当選本数(売買単位:100株)87,919本
仮条件決定日3/12
BB期間3/15~3/18
公開価格決定日(当選日)3/19
申込期間3/22~3/25
上場日3/30
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SMBC日興証券
岡三証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券

事業規模

想定価格1,010円
上場時発行済み株式総数31,808,100株
想定時価総額321.3億円
吸収金額88.8億円
案件規模小型案件


企業業績


では、また!!

サイト内の検索

ラベル

ブログ アーカイブ

スポンサードリンク

PROFILE

PROFILE

のんびりとした資産運用が長い「令和のIPOおじさん」です。
「老後資金2000万円問題」を切っ掛けにIPOに本格参戦!!

下記テーマを中心に発信していきたいと思います。
・新規上場会社のリスク分析(初値予測やBBなど)
・資産運用に関わる情報(節税、確定申告など)
・サイト構築に関わる情報(技術情報、ノウハウなど)

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へPVアクセスランキング にほんブログ村

QooQ